コンテンツ

排水管からの水漏れは蛇口部分からと言うこともある

水回り関係の中でも特に発見しやすい水漏れ箇所が蛇口です。ハンドル部分から水が漏れていればすぐに気づきます。劣化も早く、水の出が悪い、ハンドル部分から異音がする、ハンドルが回らない、レバーが動かないなど壊れやすい部分でもあります。交換しようにも種類も多く構造が複雑で単水栓と呼ばれるシンプルなものから混合水栓のシングルレバーやサーモスタットなど複数あり十数年前までは自分で簡単に交換できましたが最近では自分で交換するのが難しくなってきました。そして厄介なのが見た目が同じような部品だったとしても使えなかったり、いざ取り付けようと思ったら取り付けられなかったり、という事がある部位なのです。またお風呂場とキッチンなど取り付けられている場所が違えば内部構造も違い種類やサイズも変わってきます。

排水管 水漏れによる蛇口交換仕方

キッチンなどの複雑な構造をしたハンドル部分は自分で直すのが難しいですが、洗面台などの比較的シンプルな構造をしたものであれば、自分で直す事もそんなに難しくはありません。一般的な洗面台の混合水栓の交換は、まず最初に止水栓を止めます。止水栓は洗面台の下にあり給水用と給湯用の2つがあります。これを2つとも止めてしまいます。次につながっている配管を外します。これは止水栓のすぐ上部分と配管の上部ハンドルが取り付けられている裏側のナットをそれぞれモンキーレンチなどを使って外せば配管が外れます。その後上方向へ引き抜き、新しいものを差し込みます。そして外した時とは逆の手順でそれぞれの配管を繋いでいきます。最後に止水栓を開き再び水が出る事が確認できれば無事交換完了です。

■排水管での水漏れ 蛇口の種類

蛇口の種類は大きく分けて4種類あるのですが、まず一番シンプルで昔から使われているハンドルが1つだけのタイプである単水栓があります。これは水とお湯の使い分けが不可能なタイプでどちらか一方に限定されます。主な使用用途としては屋外専用や洗濯機の設置場所に使用されます。次に2ハンドル混合水栓タイプです。それぞれ水とお湯が割り当てられているタイプで、こちらも昔から使われているタイプです。そして3つ目がシングルレバーの混合水栓で、これはハンドルが一つだけついており、これを左右に動かす事でお湯と水の2種類を調整する事が可能なタイプです。こちらは構造が複雑で修理が難しいため修理はおすすめできませんが、全交換する事は簡単ですので不具合が起きた際は修理よりも交換するのがおすすめです。最後に一番新しいタイプのサーモスタット混合水栓があります。こちらは自動温度調節機能がついたハイテクタイプで、新築やお風呂場をリフォームした際はこちらが使われます。常に温度を一定に保ってくれ、経済的にもコストが安いので徐々にこのタイプに移行しつつありますが構造が複雑ですので自分で直すのは難しいでしょう。

■まとめ
蛇口が故障するととても不便で早急に直さなければなりません。ある程度はどんな種類があって自分のところではどんなタイプが使用されているかを把握しておくだけでも、業者を呼ぶまえに自分で応急処置ができるようになり、水漏れが起き慌てないためにも普段から蛇口についてタイプや構造を色々勉強しておくと役に立ちます。できるだけ業者を呼ばず自分で補修したり日々の点検だけで済めばそれに越したことはありません

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ