コンテンツ

排水管からの水漏れは水道工事業者を把握しておきましょう

日常生活で排水管の点検をしっかり行っていれば急に不具合が起きる事はそうそうありませんが、経年劣化など、避けられない場合もあります。ちょっとした排水管 水漏れであれば自分で直す事も可能ですが、排水管からあまりにもひどい漏れが起きた場合はプロの業者に依頼しなければなりません。また排水管以外にも水道管から漏れる場合もあり、こちらもとても気付きにくいものです。
プロの工事業者に依頼する場合、正式に自治体から許認可を得た水道局指定工事業者に依頼しなければなりません。安く済まそうと思って値段だけを見て依頼すると、指定業者でなかった場合、後々トラブルになることもあり得ます。いざと言う時に慌てない為にも日頃から信頼のおける工事業者を見つけておくことが大切です。

■水道局指定工事業者とは

排水管からの漏れが起きた場合は、水道局指定工事業者に依頼することになりますが、これはどういったものなのでしょうか。水道管や排水管の工事から給湯器の設置に至るまで水回りの工事を行うには、その県や都の水道局が認可した指定給水装置工事事業者の資格が必要になります。この資格を持っていない業者が工事を行うと違法という事になってしまいます。修理をした方も違法となってしまいますが修理を依頼した方も、もし施行が完了した後にそれが発覚してしまうと最悪の場合は水を止められてしまう事もあり得ます。そうなった場合は改めて指定業者に工事を依頼し直し再工事をする羽目になってしまいます。このように後々トラブルになってしまう事もありますのでよく指定業者の表示を確認しなくてはなりません。

■排水管とは別の部分での水漏れ

排水管以外にも水道管から水漏れする場合もあります。これは給水管と呼ばれる、局から供給される水できれいな水になります。この給水管での水漏れはほぼ発見が不可能で局の検針などによって発覚する場合がほとんどです。またこちらは埋設管からの水漏れと言う事もあり得ますので、修理費が高くなる場合もあります。道路の下を通っている給水管は局の管轄ですが敷地内に伸びた給水管はその敷地の持ち主の管轄となり修理費が発生します。こちらも原因のほとんどは給水管の老朽化、また地震などによる振動や衝撃です。
使う量が大して変わらないのに水道料金が高くなったときは、給水管のどこかから水漏れしている可能性があります。このようにちょっとした変化を見逃さないようにすることで発見する事ができます。

■まとめ
排水管だけでなく給水管などの水漏れ発見が難しい場所まで気にしておく必要があります。基本的には敷地内の給水管はすべてその土地の持ち主が修理費を負担しなければならない事は覚えておいた方がよいでしょう。壁の中から水漏れ音がしていたり、敷地内に水が溜まっていたら危険です。いざと言うとき慌てない為にも常日頃から点検をまめに行い、信頼のおける工事指定業者も見つけておく事をおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ