コンテンツ

排水管からの水漏れで厄介なのがシンク関係

外出から帰ってきてキッチンの床がびしょびしょに濡れていて驚いた事はありませんか。これはシンクからの水漏れが原因で起こる現象です。キッチンはとても良く使用される場所ですので何かと水のトラブルが起きやすい場所です。この水漏れの原因は複数あり、部分ごとに大体起こるトラブルがパターン化していますので、それらを把握する事で自分である程度対処する事が可能です。

■排水管 水漏れの原因

この水漏れはどのような箇所に起こりうるのでしょうか。この部分からの漏れが起こる原因は複数ありそのうちの一つが、排水トラップ部分のゴムパッキンの劣化です。排水トラップとシンクが合わさっている部分にはゴムパッキンが埋め込まれていて、ここで水が漏れないようにしっかりとつなぎ目が塞がれています。このゴムが年月とともに徐々に固くなっていってしまうと本来の柔軟性がなくなりヒビが入っていきます。これによって漏れが発生してしまいます。そして次に排水パイプにおける接続部分の緩みです。このつなぎ目部分にはナットが使われおりこのナットが緩む事によって漏れが発生してしまいます。そして排水ホース自体の破損です。この排水ホースはビニールでできているため、年月とともに柔軟性が失われ亀裂が入ってきます。またこのホースがずれたりすることによっても漏れる事があります。更に排水管が詰まる事によってもおこります。排水管にこびり付いた汚れを放置しておきますとゴミが詰まりやすくなり限界を迎えると漏れてしまいます。最後に蛇口や止水栓などの故障によっても起こる可能性があります。

■シンクから水漏れがおきたら

この部分から水漏れが確認された場合は、接続部分が緩んでいたり、または経年劣化によってパッキンなどが傷んでしまっていることがトラブルの原因です。これらの接続部分の部品は消耗品ですので、ある程度の年月が経っているなら部品の交換をおすすめします。シンクの漏れの箇所の確認方法ですが、下部分を見てみて、水が伝っていないか、または伝っているような跡が残っていないか確認します。排水口と排水管の接続部分に緩みや排水ホースなどに破損が無いかなどを入念にチェックしていき、原因箇所を絞り込んでいきます。またチェックの最中にもコップなどで水を流しながら確認します。排水部分からの漏れで無いことが確認できれば、今度は蛇口から水を流し給水管、水栓そしてシンクの隙間などからの漏れの確認に移ります。

■まとめ
ある日突然キッチンの床に大量の水が目についたら驚きますが、冷静に対処すれば業者を呼ぶ前に自分で応急処置をすることもできます。シンク下からの水漏れは直接床などに水が伝っていってしまうため木材が腐ってしまいます。そのため二次被害が出る前に早急に対処する必要があるのです。そのため慌てて業者を呼ぶ前にまず落ち着いて自分で原因を把握し応急処置をした方がよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ